7月9日から2週間で英語とプログラミングを学ぶ「海外フリーランス養成スクール in セブ島」を開催します

リンガルボックスでは、現在新しい試みとして「CodeGrit」というプログラミング学習サービスを開始予定です。またこれまでオンラインのみで英会話のサービスを提供してきましたが、今回、セブ島のキャリアデザイン英会話スクール「Beyond the Border」様の協力で、プログラミングと英会話を同時に学ぶ「海外フリーランス養成スクール」を開催することとなりました。

なぜ今英語とプログラミングなのか?

これまで、グローバルで活躍するために最も重要なものの一つが英語力でした。しかし、2010年代に入り英語に加えてプログラミングの重要性がどんどんと増しています。2020年にはプログラミングが小学校で必修科目となり、またセンター試験でのプログラミング導入も議題に挙がっています。

大学新入試にプログラミング 首相「現代のそろばん」 – 日経新聞

また、中学生、高校生に対するアンケートではITエンジニアがなりたい職業ナンバー1となるなど、プログラマという職種自体も人気が高まっています。

中高生が思い描く将来についての意識調査2017 – ソニー生命保険

既に社会人の方や大学生の方にとっても今後10年20年で関わる人の多くはプログラミングを学んで来た人となってくるでしょう。

海外フリーランス養成スクールの目的

今回の企画の目的は、2週間でプログラミングの基礎を学びながら、英会話に慣れることを目標としています。毎日3時間のマンツーマン英会話レッスン、毎日2時間のITスキル講座、毎日3時間の課題演習を10日間(平日2週間)行い、自分でWebサイトを作れるようになります。

また、学んだだけで終わらせるのではなく、オンラインコミュニティを通して学んだ後に実際の企業からの案件を受注し、納品するまでをサポートします。一度案件をこなした経験があれば、その後も同様の方法で次々と案件を受注していけるはずです。

オンラインサロン「海外フリーランス養成スクール」との連携

今回の企画は、リンガルボックス、Beyond the Borderに加えて、ドイツ在住のフリーランサー「Wasabi」さんが主催するオンラインサロン「海外フリーランス養成スクール」とも提携しています。

「wasabiの海外フリーランス養成スクール」募集ページ

海外フリーランス養成スクールでは、海外で活躍するフリーランサーを育て、繋げることを目的にした有料コミュニティです。現在150名以上が所属しており、様々な企画が立ち上がっている他、サロン内でWeb制作や、翻訳などの案件を共同で行っています。

このサロンとの協力で、Webサイト制作を学んだ後、実際にフリーランスとして案件を獲得する上での心得やセールスライティングの講座を行います。

得られるITスキル

今回はWebサイト制作のスキル獲得に特化し、以下の4つについて学びます。

  1. HTML/CSS – サイトを作りデザインするために必須な言語
  2. リスポンシブデザイン – Web、モバイル、タブレットなど様々な大きさのデバイスに対応したデザイン方法
  3. WordPress – Webサイト制作において、世界で最もよく使われているツール
  4. GIt – Webサイトのバージョンを管理し、バックアップを効率的に行うためのツール

これらを学べば、例えばクラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスにある依頼の内多くに対して対応することが可能となります。

開催場所や日程について

今回は、Beyond the Borderのスクール内で講座を開催します。リゾート地としても有名なフィリピンのセブ島にある学校で、ホテルの敷地を利用しているためプールやジムのような施設が利用出来、また安全性も確保されています。

セブ留学最高峰の施設と生活環境 – Beyond the Border

日程: 2018年7月9日(月) – 7月20日(金) 

ホテルは7月8日チェックイン、7月22日チェックアウトの2週間なので講座終了後の週末は観光など可能です。中の土日は講座参加生とセブ在住者との共同イベントなど開催を予定しています。

定員: 10名

学校の受け入れ状況によって変動がある可能性があるためお早めにご連絡下さい。

費用について

参加費用: 15万円

参加費用に含まれるもの:

  1. 英会話レッスン(毎日3時間)
  2. IT講座(毎日2時間)
  3. 課題学習(毎日3時間 – メンターが1名つねに同室で質問を受付けます)
  4. 企画後のフリーランス心得講座(オンライングループレッスン)
  5. 企画後の案件獲得、納品サポート(オンラインコミュニテイ)
  6. CodeGritの提供するHTML/CSSコースへの無期限アクセス権

参加費用に含まれないもの

  1. 航空券(往復4-5万円)
  2. SSP(約13000円程度 – フィリピンで英語を学ぶために必ず取得が必要です。)
  3. 食費(学校付近には多くのレストランがあり、1食200円程度からと日本に比べて非常に格安です)

お問合せや参加申込方法

以下の公式サイトよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが質問に回答致します。

海外フリーランス養成スクール in セブ島 公式サイト


ライターについて
フィリピンにて2012年8月よりリンガルボックスを運営中。