冠詞”The”を理解しよう。冠詞の使い分けを知るパート2

前回、”a”と”an”の使い分けについて記事を書きました。
“a MBA”と”an MBA”どっちが正しい?冠詞の使い分けを知るパート1

今回は”The”を取り上げます。

Theですが、AとAnと何が違うのかということですが、これはわかりやすくてAやAnは不特定のものを示すのに対して、Theは特定のものを指します。
だから文法用語でいうと、”a”と”an”は不定冠詞(indefinite articles)と呼ばれ、”the”は定冠詞(definite article)と呼ばれます。

次に発音ですが、子音と母音のどちらが前にあるかで”a”と”an”を使い分けるのに対し、定冠詞は1つしかないので代わりに発音が変わります。

母音の前にあるときは、/ði/(thee)と発音するのに対して、子音の前にあるときは/ðə/(thuh)と発音します。

だから前回の例をとりあげるとThe MBAは/ði embiːeɪ/と発音し、the universityの場合は/ðə/を使います。

ただ例外もあって、後ろにくる単語を強調したい場合は例えば子音が後ろに来る場合でも/ði/の方を使えます。

参考書籍: Grammar Girl’s Quick and Dirty Tips for Better Writing (Quick & Dirty Tips)


ライターについて
フィリピンにて2012年8月よりリンガルボックスを運営中。