世界各地に長期滞在しながら働くことが出来る”Jobbatical”が素敵

Photo by Dimitris Stiliaras

世界中の都市を長期滞在しながら移動するというアイデア

日本でノマドという言葉が出てきてから結構な時間が経ってきました。日本だと、海外の都市を転々としながら仕事をしている人だと高城剛さんが有名です。

僕の場合ですが、短期滞在を色々な都市で繰り返すのはあまりしたくないです。個人的な意見ですが、短期滞在しながら出来た友達とは強い繋がりができにくそうと考えているためです。

逆に一つの場所に数ヶ月から数年とある程度長期スパンで滞在するのは素晴らしいことだなと思っています。

人にもよるかと思うのですが、一つの都市にとどまり続けるのってやはり飽きてしまったりすると思うのですね。大人になると、時間があっという間にすぎるとよく言われているのは、要は一つの場所、一つの仕事をしていると飽きてしまって、やることがルーティン化していく。そうすると時間が早くすぎると。

逆に大人になるまでは、小学校、中学校、高校、大学と友達もやっていることも場所もめまぐるしく変わっていく。だから、長く感じるのかなと考えています。

だから、色々な場所に住んで、それぞれの場所で新しく人間関係を作っていって、ということをやっていけばより人生を濃厚にしていける気がしています。

しかし、そうはいっても海外を転々としていくノマドってほとんどがフリーランスだし、見た目ほど楽じゃないと大多数の方は思うだろうし実際そうだと思います。

だから、ノマドよりもちゃんと腰を落ち着けて企業などで仕事が出来たほうが精神的に楽なはずです。でもそんな短期間だけ働くみたいな仕事ってなかなか見つけるのが大変でもあります。

それを実現出来るサービスが”Jobbatical”

前置きが長くなりましたが、上記のような長期滞在をしながら安定して仕事も出来る、ということを実現できる”Jobbatical”というサービスが最近登場しました。

Screen Shot 2016-07-29 at 11.22.27 PM

このサービスでは、スタートアップを中心に世界の様々な企業が求人情報を出していて、そこに応募して採用されるとその都市で1年から2年といった期間を働くことが出来ます。

実際にどんな仕事が見つかるか見てみましょう。

Screen Shot 2016-07-29 at 11.25.03 PM

こちらのページからも見られますが、仕事情報のページにはシンガポール、タイ、イギリス、フランス、アメリカ、マレーシア、チェコ、ブルガリアなどなど世界の様々な国の求人情報が掲載されています。

Screen Shot 2016-07-29 at 11.26.26 PM

求人詳細ページは上記の画像のようになっていて、例えば上記の画像はドイツ・ベルリンでのフロントエンドエンジニアの仕事です。

仕事情報はやはりこちらの仕事のようにIT関連の仕事が多くを占めていますね。他にはマーケティングの仕事やセールスの仕事、人事の仕事などもざっと見た感じ挙がっています。

このサービスですが、エストニアのスタートアップ企業が運営していて、この企業の創業者である”Karoli Hindriks”さんの経験に基づいています。

彼女が、仕事の合間にSabbaticalを取得してマレーシアに行った時、1週間ほどはビーチで楽しんでいたそうですがすぐに手持ち無沙汰になってしまったそうです。だから、仕事を探してみたそうですがなかなか自分の持つITのスキルを活かせる仕事がなかったそうです。

その後彼女はシリコンバレーのスタートアップで6ヶ月間働くチャンスを得たそうで、似たように海外で住みながら短期間自分のプロフェッショナルの分野の仕事をしたい、というニーズがあるはずと考えてこのサービスを思いついたようです。

まとめ

ほとんどの仕事はもちろん英語が必須かと思うのですが、世界中の各都市で働きながら暮らすってものすごく面白そうではないですか?

IT系のスキルを持ってて、既に英語の身に付いている方、是非このサイトを利用してみてはいかがでしょうか!

参考記事:
旅するだけじゃ物足りないーー世界30ヶ国以上のスタートアップで短期仕事が見つかる「Jobbatical」

Estonia’s Jobbatica, A Job Site For Work Sabbaticals And Career Breaks, Raises Seed Round


ライターについて
フィリピンにて2012年8月よりリンガルボックスを運営中。