オンライン英会話でよく使う文法用語解説その3「形容詞、副詞」

リンガルボックスのようなオンライン英会話サービスでよく使われる英文法用語の解説第三弾です。

その1: 「名詞」
その2:「動詞」

今回は、Adjective「形容詞」Adverb「副詞」の解説です。

Adjective(形容詞)

形容詞は名詞の付近で使われて、名詞を説明する役割を果たします。

例:beautiful, strong, good, etc..

形容詞の比較系(Degree of Adjective)

2つあるいは3つ以上のものを比較する際、形容詞の比較系(Degree of Comparison)が用いられます。比較級(Comparative Degree)は2つのものを比較、最上級(Superlative Degree)は3つ以上のものを比較する際に使います。

Example:

原級(Positive) 比較級(Comparative) 最上級 (Superlative)
beautiful beautiful more beautiful most beautiful
strong strong stronger strongest
good good better best

1.”Proper Adjectives”

1-1. Proper Adjectives(固有形容詞)

国籍、宗教、文化を表す形容詞です。固有名詞と同じく最初の文字が大文字化(Capitalize)されます。

例:Japanese, Christian, Mexican, etc..

Adverb(副詞)

副詞は動詞、形容詞、他の副詞、フレーズなどを修飾するのに使います。

例:well, quickly, patiently, etc..

副詞の種類

1. Adverb of Manner(様態の副詞)

様態の副詞は、どのように行動や物事が起こるかを説明するのに使います。

例文:
She dances well.
Marian ran quickly towards her friends.
Arthur patiently waited for her father.

2. Adverb of Place(場所の副詞)

様態の副詞は、どこで行動や物事が起こるかを説明するのに使います。

例文:
Please wait us there.
She took Nina outside.

3. Adverb of Purpose(目的の副詞)

目的の副詞は、どうやって行動や物事が起こるかを説明するのに使います。

例文:
He intentionally pushed his friend.
Lara accidentally drops her eye glass.
Anthony moves carefully to avoid mistakes.

4. Adverb of Frequency (頻度の副詞)

目的の副詞は、どの程度の頻度で行動や物事が起こるかを説明するのに使います

例文:
I rarely eat carrots.
He never sees Sandra after the accident.
Almost all Filipinos eat rice every meals.

5. Adverb of TIme (時の副詞)

目的の副詞は、いつ行動や物事が起こるかを説明するのに使います

例文:
They played volleyball yesterday.
I will go home now.
We just finished our project.

リスト:

Adjective – 形容詞
Degree of Comparative – 比較系
Positive Degree – 原級
Comparative Degree – 比較級
Superlative Degree – 最上級
Proper Adjective – 固有形容詞
Adverb – 副詞

スカイプでマンツーマン英会話レッスン

もっと効率よく英会話をマスター出来る方法を探していませんか? リンガルボックスの無料体験レッスンを是非お試し下さい!


ライターについて
フィリピンにて2012年8月よりリンガルボックスを運営中。

英語学習に役立つ情報を日々更新中。

リンガルボックスのFacebookやTwitterをフォローして更新情報を受け取ろう!