これから英語を始めようとする人に知ってほしい8つのポイント

英語をこれから始めよう、あるいは再開してみようかな、と考える理由は何でしょうか?

“これから留学したい”

“ワーホリをしてみたい”

“外国人と付き合いたい、友達になりたい”

“海外旅行で不便がないようにしたい”

“仕事で国際的に活躍したい”

“海外就職したい”



など理由は様々だと思います。

ここでは、そんな英語をこれから始めようかな、再開しようかなと考えている方に向けて、心がけておくべきポイントを8つ紹介します。

1. 英語学習は上達まで意外と時間がかかる。

料理のように勉強したらすぐに結果につながることと違って、語学は思った以上に上達に時間がかかります。
例えば、TOEICで現在400点程度のレベルの方が600点まで到達しようと思えば400-600時間、そこから更に800点まで上げようと思えば600時間-700時間程度を見たほうがいいです。勉強方法が色々と増えて便利になったものの、英語をマスターするまでにかかる時間はあまり変わらないと言われています。
すぐにペラペラになりたい、と思って始めると理想とのギャップが出たりするのでゆっくり上達させようというぐらいの気持ちで始めるといいと思います。

2.目標は近くて小さく具体的にしよう。

これは英語以外のことにもつながるのですが、いきなり大きな目標を設定すると失敗する確率が高くなってしまいます。目標が遠いとなかなかその目標まで到達するためのイメージがしづらいからです。また目標は出来るだけ具体的なものにするのがオススメです。例えば、TOEICテストなどのテストの点数を目標にするのは分かりやすいのでいいかもしれません。

3.文法、語彙量は英会話のレベルにも比例する。

日本だと学校で英会話をあまり習わないこともあって、英会話と、それ以外の英語は違うという印象を持っている方も多いかもしれません。しかし、実際に英語がある程度話せるようになってくると文法の正確な知識や語彙量が英会話のレベルにも直結してくるということが分かってきます。やはり基礎が大事ということですね。

4. 勉強法は自分の好きな方法で大丈夫

ネット上や本などに英語の勉強法って色々紹介されています。もしかしたらその方法は良いのかもしれないですが、やはり続くことが大事かなと個人的に思っています。質が10だけどあまり好きじゃない勉強方法を50時間やるより、質が8でも好きな勉強方法を100時間やる方がいいからです。他の人が上手く行ったやり方を調べて試してみて、自分がこの勉強方法は好きだなというものが見つかったらそれを続けて行きましょう。

5. 英会話の練習をする機会を作るのは意外とカンタン

以前であれば高額な英会話スクールに通うぐらいしか英会話を練習する機会を作れなかったかもしれないのですが、今ではこれまでと比べて英会話を練習する機会を作るのはずっとカンタンになってきています。例えば、東京に住んでいる方であれば[東京英会話倶楽部](http://www.eikaiwaclub.com/)というサイトから都内各所で行われている勉強会に参加することが出来ます。1回当たり500円で、レベル別にグループで別れて会話をするのであまり英会話出来ないという方も問題なく輪にはいって行けます。[Meetup.com](http://meetup.com/)というサイトで行われているイベントに参加するのもオススメです。また、[リンガルボックス](http://ja.lingualbox.com)のようにフィリピン人講師が英語を教えている格安のオンライン英会話スクールを利用するのもいいと思います。

6. 拙くても大丈夫

例えば、外国人と話すときに英語が拙かったら相手にイライラさせてしまうんじゃとか、怖がっている方も多いのではないでしょうか?そんなことないので安心してください。僕の友達でスペイン人の人たちがいるのですが、全然英語がしゃべれないのに一生懸命伝えようとしてくるので理解しようと頑張って聞くのですね。日本に来ている外国人の方は皆日本が好きだし、日本人と友達になりたいと思っています。それなのに皆話かけてくれないので結構寂しがっている人も多いです。英語が拙くても話しかけていきましょう。

7. 出来る限りゆるく習慣化しよう

結構あるのが、英語を勉強しようと心の中で気合を入れて英語を勉強し始めるというパターンではないでしょうか。人は何かを決心して始めるときエネルギーをたくさん使います。英語を勉強するためにエネルギーを毎回使ってしまうとだんだんそこから離れたくなってしまいます。だから、例えば、信号待ち時間のスキマ時間が5分ぐらい出来たらちょっと好きな英語ブログを眺めて見るとか、自分の中で出来るかぎりカンタンに出来るルールを決めて習慣化していきましょう。小さなことが習慣化出来て英語を見ることに抵抗がなくなっていくと、長時間勉強をする時のエネルギーもどんどん減っていきます。だんだん上級者になってくると空気を吸うように(日本語を読むように)英語を読む、に近いところまでいきます。(全く一緒にはなんないのが非ネイティブのつらいところですが笑)

8.英語が出来るようになったら出来ることを思い描こう

モチベーションが下がってきたときには、英語が出来るようになったら自分がしたいことをイメージしましょう。イメージが強いほどうまくいくはずです。最初に挙げたようにやりたいことって色々あるはずです。僕は外国で友達を作って暮らしていきたいなということをずっと思っていました。フィリピンに行って周りの人と不自由なくコミュニケーションが取れて友達になれてやはり楽しいと感じました。自分がイメージしていることが実際にかなってみるとやはり達成感もあり楽しいです。

まとめ

いかがだったでしょうか? 英語をこれから再開または始めようとする方は是非ここに挙げた8つのポイントを参考にしていただければと思います。


ライターについて
フィリピンにて2012年8月よりリンガルボックスを運営中。